馬好き20年 大胆予想配信!

馬を愛し、競馬を愛しすぎるブリンカー野郎です。
競馬歴20年以上。今ではJRAの中央競馬・地方競馬の両方に
手を出すようになりました。

競馬予想・競馬関連記事を配信していきたと思います。


第68回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ


こんにちはブリンカー野郎です。


いよいよ12月 今年も終わりになってきました。



今週は阪神競馬場にて、阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。


2歳の王者を決める本レースですが、なんといっても2歳 レース経験も浅く
データ量も少ないだけにこれまでに実績などほんとんど参考にしない方が良いかも
しれないですね。



出走メンバー有力馬



デビューから好成績を上げている馬ばかりですが、所詮2、3戦の実績です。


そこはあまりに過大評価をするべきではないでしょうね。





展開予想!


レース展開を考える上で、これまでの馬柱から通常は予想を組み立てるのですが


今回に限っては前に行くのか?後ろに行くのかは今回の枠番とスタートの出方次第に
なってくるだろうと思います。


その中でもまず逃げの位置取りをしてくるだろう馬は、なんとなく予想がつくでしょう


ショーウェイ、アリンナですかね。


アリンナの鞍上 田辺騎手については逃げ馬に騎乗した時のレース運びがうまいので
要注意かもしれません。



距離が1600mとあって多くの馬が先行から中団までの位置をキープしたいと考えてくる
でしょうから、前半の位置取りを無理にしすぎると 最後の登りでスタミナ切れで沈んでいく馬が出るでしょう。


ここで重要なのが、中盤の息を入れるタイミングと内コースをうまく回ってくることが
ポイントになってくるかなと思っています。



だからと言っても、前年までの結果からみると内枠先行が勝っているのではなく
外枠勢が勝っているケースがかなりあります。


ただ前残りで馬券圏内に絡んでくることは結構あるように思います。






阪神ジュベナイルフィリーズ 独自予想!


正直 本レースに関しては何度も言うようにデータ量が少ないために馬だけでは判断
材料に乏しすぎます。



そこで今回は騎手を中心に予想を考えます。



まずは2番 ソウルスターリング 前年も同枠で勝っているルメール 
ここも上手く位置取りをしてくるだろうとするなら、この馬は外せないです。



次に4番  レーヌミノル デビュー前から目を付けていた馬で、ここまで期待通りの
成績で来ています。 ただ鞍上が蛯名騎手なので 評価は少し下げです。



11番ジューヌエコール 新馬戦から1着での3連勝馬 
この馬も鞍上がM.バルザローナということで、今年のJRA成績から見ればちょっと割引
は必要かなと考えます。



あとは外枠3頭 シグルーン、ヴゼットジョリー、リスグラシュー


鞍上は藤岡 康太、和田、戸崎



距離、最近の騎乗成績から見ても和田は要注意ですね。



では、軸馬ですが11番ジューヌエコールと2番 ソウルスターリング


これは固定軸ではなくフォーメーションとして2頭入れることにします。



相手が、4番、16番、17番、18番、12番



出目から見れば本命路線なら偶数馬番、穴狙いなら奇数馬番でしょうか





第17回 チャンピオンズカップ(GI)

12月4日 中京競馬場 チャンピオンズカップ


こんにちはブリンカー野郎です。


先週のジャパンカップ 福永さんにやられました 泣



まあ 馬券に絡んでもおかしくない馬でしたが、予想に入れるか外すか迷って
外した馬が来てしまったという、競馬あるあるですね。




さて今週はダート王決定戦 チャンピオンズカップが開催されます。



開催場の中京っていうのも、ダートというのも両方で嫌いなケースなので今週は
正直 自信がないです。


出走馬もダートを極めた馬ばかりですが、地方レースの戦績も交じってくるので
判断が難しいですね。



主な出走メンバーです


出走頭数は15頭 枠番も決定しています。



今回の予想ポイントとしては、人気上位となってくるであろうアウォーディー、コパノリッキー この2頭は基本 武豊が騎乗してきた馬であるが、今回 武豊はアウォーディーを選んで騎乗となっています。 ここらに何かの思惑、騎手の考えがあるでしょう。


対して、コパノリッキーにはルメールが騎乗します。
過去に一度だけ騎乗経験はありますが、それは500万クラスの時。これが、どう影響するかがポイントでしょうね。




当然ながら、本レースに騎乗してくる騎手はダート巧者が出てきています。



その中であまりダート騎乗がうまくない騎手が騎乗している場合、馬の成績など
全く参考にならに結果も考えられます。





展開予想


昨年の本レースでは12番人気サンビスタ(デムーロ)が勝つレースとなりました。
2着にはノンコノユメ(ルメール)とまたまた外人騎手コンビの活躍です。



まあ天候がどうであっても、私のダート予想の基本は先行勢を狙います。


気持ち的には、そろそろ大きい配当が出てもいいのかな? と思っていますが、狙い過ぎて爆死するパターンが多いので、本命パターン、穴パターンを作るのがいいかな




モンドクラッセ、アスカノロマン辺りが先頭を伺う展開でしょうか。
コパノリッキーも行く可能性はありますが、スタート次第のところがあります。


中京1800mダートのスタートが上り坂途中からとなるので、無理に前を狙うためにスタミナを使うことは嫌うでしょう。


最後の直線に410.7mと距離はあるので、急いだ展開ではないと思います。




最後の直線に向いてからすぐに再び上り坂が待ち構えているので、最後までのスタミナ温存と登りきってからのスパートが必要です。



こう考えると結構タフなレースになるのは必至です。



これまでの戦績で1800m以上の結果が無い馬は、難しいでしょうね。





チャンピオンズカップ独自予想!


予想ポイントをまとめてみます。


前に位置つけする馬、距離適性・結果がある馬、騎手のダート適性がある


このポイントから選んでいきたいと思います。




2枠2番アウォーディー 武豊騎乗から1着続きで来ているだけに馬のことは完全に理解しているでしょう。 元々 芝に使っていた馬ですが、ダート転向からは好結果
ダート適性も〇と判断できます。


ただ位置取りが少し後ろ気味なので、中団までにつけることが必要だと思います。


6枠11番コパノリッキー 実績としては申し分のない成績です。
地方競馬のG1では絶対王者クラスです。


前走の川崎競馬JBCは5着でしたが、悲観する内容ではないかなと思います。




5枠8番  サウンドトゥルー 鞍上は大野騎手ですが、ダートは巧者ですよね。
昨年の本レースも同馬で3着と健闘していますし、近走のレースでも3着続きと好走を続けています。 馬券圏外から外すのは怖い1頭ですね。



5枠9番 ノンコノユメ 4歳馬とダート馬の中では若い年齢となる。
地方、中央ともに好成績を上げており、実績でも引けはとらない。鞍上がR.ムーア
テクニックは一流で、この馬も十分期待が持てる。



3枠4番ロワジャルダン 中央競馬を中心に走ってきている馬で、大きなレースでの勝ち
はないものの馬券圏内と考えるなら十分ありえる1頭だと思う。




ここまでが本命サイドでの決着なら と思える5頭



しかし、本レースは下位人気の馬が多くからむレースなだけに。3連複、3連単なら
これでは怖い



あと加えるなら、ゴールドドリーム、アポロケンタッキー、モーニンあたりか


モーニンは鞍上が戸崎 地方なら絶対に買いなんだろうけど、中央レースなら・・・




あと3連複ならモンドクラッセも加えておこうと思ってます。



軸 2番、11番


相手 8,9,4,12,14,6




これでいきます。



第36回 ジャパンカップ(GI)予想ブログ

東京競馬場 第36回 ジャパンカップ(GI)


こんにちはブリンカー野郎です。


先週のマイルチャンピオンシップはゴール前の審議について色々な物議が出されて
いますが、海外競馬ならあれくらいのことは普通レベルだろうから、海外で何度も
騎乗している武豊がグチグチ言うのは言い訳にすぎない感じですね。



さて今週は競馬レースの夢の祭典 ジャパンカップです。
海外馬も参戦するので、いつもとおりの予想だけでは読めないレースですよね



出走メンバーですが



海外馬も含め、一流馬が揃いました。
サブちゃんの馬 キタサンブラックも参戦です。


海外馬の場合、戦績を確認することは可能ですが実際の走りを見ていたわけでは
ないので、成績だけが判断材料となってしまうので怖いとこですね




展開予想


さておなじみのキタサンブラックは1枠の1番とまたまた最内となりました。
JRAさんほんとに抽選? 違うの?

今回のレースポイントは、東京競馬場の左周り適性、距離2400mの適性でしょう


全体的に出走する馬はほとんどが距離に対しては大丈夫そうですが、左周りの点で
不安な馬が何頭かいますね


まずそのキタサンブラックは今回もハナを切って逃げを狙ってくるのか?ですね


他のメンバーを見ると 絶対に逃げで来るだろう馬が見当たらないだけに、ここは
すんなりキタサンブラックが先頭に立って、レースを引っ張る形になりそうです。


おそらく人気も上位になってくる馬が一番先頭で、ライバル馬が後ろから見られる状況は
かなり騎手としても難しいレースと言えるでしょう。

鞍上は今回も武豊ですが、これまでのレース同様 仕掛けるタイミングまで見られて
最後は接戦となるパターンが予想されます。


2枠3番 ゴールドアクター 鞍上は吉田隼人ですが、乗り替わり依頼ずっと好成績を
挙げているこの馬 騎手との相性はバッチリなのでしょうね。

左周りも距離もこれまでの実績から問題なさそうなので、レースにいってからの展開
ひとつか? というところでしょうか


4番ルージュバックは戸崎騎手 ビッシュを捨ててこの馬を選んだことから、ビッシュよりこの馬の方が勝てる要因があると予測されます。

しかしながら、距離に対して2400mがこのpメンバー相手にどうか? だけが不安材料ですね


5枠9番  ディーマジェスティ 鞍上は蛯名です。 京都では蛯名?と疑問視しますが

東京なら騎手不安は問題なさそうです。


馬自体で言えば、これまでの成績では大崩れなしの好成績! 戦ってきた相手も強い
相手をしてきた馬 成績から見て注目する1頭です。



あとは外枠勢ですね。
いつも3着がらみに外枠・・・ と泣くパターンが多く、外枠馬の扱いに困ります。



14番 レインボーライン ルメール騎手ですが、この馬はPOGから入れている馬で
あまり注目されないながらも、複勝圏内には入ってくる稼がせてもらっている馬です


鞍上がルメールなら当然、馬券から外すことは出来ません。



外枠16番リアルスティール 鞍上はR.ムーア騎手
安田記念では惨敗となってしまいましたが、これは海外レース帰りの1走目
私の理論から走らないのは当たり前! その他のレースでは実績十分です。


天皇賞(秋)では2着と好走し、ムーアの騎乗がハマれば一発はある馬でしょう。



そして大外の シュヴァルグラン 佐々木主浩所有馬のこの馬もジワジワと力をつけて
来ています。距離2400mは問題ないでしょうが、レース本番での位置どりとペース
などで勝敗が大きく分かれる枠番だけに、鞍上の福永にかかっています。


あまたまではないかな?と思っています。




ジャパンカップ独自予想


では、予想ですが


軸馬を単純にキタサンブラックと言いたいところですが、このメンバーと位置取りが
逃げとなるなら 軸までも吹っ飛ぶ可能性は十分にあると思います。


なので、軸を3番、9番と2頭入れることにします。


相手を 1、12,14,15,16


としました。



G1レースの出目関連も抑えれているので、いい予想目かな と思ってます